ひざサポートコラーゲンを飲むことで軟骨成分はどうなるのか

ひざサポートコラーゲンは青汁で有名なキューサイ社のサプリメントです。

粉末タイプですから、料理や飲み物やスープに混ぜて摂取することができます。

食感をじゃましなく膝関節の痛みをサポートすることで髙い評価を得ています。

臨床試験で効果は実証されています。

消費者庁長官に届出をしている機能性表示食品です。

▼機能性表示食品の認知度について⇒http://news.mynavi.jp/news/2016/04/08/103/

機能性関与成分としてはコラーゲンペプチド・グルコサミン・コンドロイチンなどがあります。

今回は【ひざサポートコラーゲンを飲むことで軟骨成分はどのような変化量になるのか】についてまとめておきましょう。

軟骨成分が配合されていますが、実際にはどの程度増えるのでしょうか?私達の膝には骨や関節を支える軟骨があります。

わかりやすく言えばクッションの役割を果たしています。

軟骨に不可欠な有効成分として有名なのはコラーゲンです。

しかし、コラーゲンは加齢とともに身体の中で生成される量が減ってきます。

ピークは二十歳前後。

50歳にもなるとコラーゲンの生成量は半減します。

肌や粘膜や血管の健康維持にも不可欠です。

圧倒的に量が不足してしまいます。

軟骨成分のサポートがなければ、次第に膝関節に痛みが走ります。

膝を動かす都度軟骨は摩耗します。

やがてクッションがなくなるのです。

だから、食事やサプリメントで有効成分を補う必要があります。

コラーゲンは美容効果もあります。

ですが膝や関節にも必要なのです。

少なくとも軟骨成分は50歳になって半減することはありません。

二十歳を過ぎたらば将来に備えて、美容効果も期待できるので摂取する人も増えています。