Home > のぼりを作るときのコツ > オリジナルののぼりで失敗してしまう原因は何ですか?

オリジナルののぼりで失敗してしまう原因は何ですか?

オリジナルのぼりにも失敗と成功があります。

その明暗を分けるポイントはどこにあるのでしょう。

もっとも多い失敗の事例をもとにお話ししましょう。

▼絞り込みが不十分であれば意味不明になる。

オリジナルのぼり旗の制作で失敗してしまう最大の要因は、のぼりに入れたい要素を絞り込めていない点にあります。

何でもかんでも入れてしまった結果、のぼりがゴチャゴチャになって、何を言いたいのか訴求したいのか、“ワケのわからないのぼりになってしまった”という例はたくさんあります。

要素の絞り方、色数の決め方で、成功するか失敗するかが決まります。

▼ネット上のサンプルで文字数や色使いを知る。

絞り込みの基本がわからないときは、ネット検索をしてサンプルを参考にしましょう。

短いフレーズで小気味よく、パッパと切れ味の良いフレーズを2つくらいつなげてタイトルをつくるのがベストです。

色はデザインサンプルを参考にしましょう。

メインのベースに使う色と、ポイントに使う色、文字に使う色。

だいたいこの3色をベースに考えておけばスッキリした仕上がりになります。

配色について参考サイトを見つけました。⇒コツを掴んでセンスアップ!おしゃれに見える5つの配色テクニック

▼のぼり専門店に行けば、デザインサンプルが多数あります。

テンプレートを使って、専任のデザイナーがサポートしてくれます。

最初のウチはのぼり専門店に行って、いろいろ相談しながら作ることをおすすめします。

のぼりにもセオリーがあり、プロのデザイナーであれば発注者の意図を汲んでいろいろ提案してくれます。

テンプレートを使い、仕上がりの案も出してくれます。

Comments are closed.

TOP