ひざサポートコラーゲンを使う人はどこが違うのか?

人間は加齢によって身体のあちらこちらが正常に動かなくなります。

中でも悩みが多いのが膝関節の痛みでしょう。

膝の軟骨の有効成分の生成が追いつかなくなることが一つの理由になっています。

有効成分とはコラーゲンペプチド・グルコサミン・コンドロイチンなどです。

こちらの製品は一般的なサプリと違って粉末タイプです。

食感もいいので飲みやすく長く続けることができます。

ここでは【青汁で有名な企業のひざサポートコラーゲンを使う人はどこが違うのか?】をご紹介しましょう。

まずこの機能性関与成分を含む効果が臨床試験によって実証されています。

試験結果を消費者庁長官に届出をしている機能性表示食品です。

◆ではどのような試験をしているのでしょうか?臨床試験は膝関節に痛みを感じているが治療を受けていない消費者と治療するまでは至らない消費者を対象に二つのグループに区分しています。

そして臨床試験の実施は16週間になります。

1つのグループにはひざサポートコラーゲンを服用してもらい、もう一つのグループはプラセボと呼ばれる有効成分が含まれない粉末タイプのものを使います。

16週間後には膝の曲げ伸ばしが改善してきます。

プラセボのほうは改善しなかったデータ情報があります。

◆多少の個人差があるでしょう。

しかし機能性関与成分が配合されていることは間違いありません。

特に最近は痛みがでていない人でも膝関節の機能性関与成分があるので摂取する人が増えてます。

美容効果も期待できますし、粉末タイプですから飲み物に混ぜるだけなので使いやすいメリットもあります。