Home > のぼりを作るときのコツ > 飲食店用ののぼりにぴったりの色はありますか?

飲食店用ののぼりにぴったりの色はありますか?

オリジナルのぼり旗なので色は自由に決められますが、飲食のイメージカラーといえば、暖色系が基本です。

セオリーや基本をお話ししましょう。

▼飲食の基本は食欲をそそる暖かな色。

飲食店といってもいろいろありますから、一概にこうだと決めつけることはできませんが、飲食の基本カラーは暖色系です。

暖かな色、赤とかオレンジ、黄色などです。

中華料理のお店、ラーメン店、ファミレスのイメージカラーなどを参考に見ていくと、青や黒などの寒色系ではなく、暖色系が多いことに気づくはずです。

▼夏場の飲食は涼を誘う寒色でもOK。

冷麺など、夏場の飲食には青系統の寒色がよく使われていますが、出し物に冷たいものがない場合は、無理をして寒色を使う必要はありません。

のぼりの基本はベースに使うイメージカラーとタイトル、キャッチで決まります。

視覚的な印象を強くもたせるのは色使いなので、まず基調色を決めましょう。

▼店やメニューに使っているイメージカラーがあれば、それをのぼりの基調色にするのがいちばんです。

すでに飲食店を経営しているわけですから、色は店内のインテリアやメニューの色、店のロゴマークの色などをヒントに、のぼりに転用するのがいちばんです。

イメージ統一が取れてスッキリ仕上がります。

のぼりに入れる文言は、できるだけ絞り込んだほうが伝わりやすくインパクトが出せます。

店の売り、季節の出し物を端的に表現しましょう。

Comments are closed.

TOP